HOME

商品情報

ご注文

イヌリン

プレバイオティク

お問い合わせ

企業情報

プレバイオティク

プレバイオティク効果

腸内細菌と病気

独立行政法人 国立健康・栄養研究所
プレバイオティク
体内で消化吸収されることなく、健康の維持に有益な腸内に生息する
特定の有用菌の栄養素となる栄養成分“プレバイオティク”
イヌリン食物繊維はプレバイオティク効果に優れた希少な天然成分です。
天然成分イヌリン食物繊維で腸内環境対策!

 プレバイオティクとは

体内で消化吸収されることなく、健康の維持に有益な腸内に生息する特定の有用菌の栄養素となる栄養成分をプレバイオティクといいます。
特定の有用菌とは, ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌や乳酸菌を示します。
プレバイオティクに分類される栄養素は、フラクトオリゴ糖を含むイヌリンとガラクトオリゴ糖類の2種類のみです。
イヌリンは無味・無臭の高分子性食物繊維です。
フラクトオリゴ糖とガラクトオリゴ糖は比較的小さな化合物であり, 食物繊維としての機能が低いのが難点です。また、甘みがありますので, 毎日の常食として摂取するには抵抗感があります。
現在、いろいろな種類の食物繊維が販売されていますが、全ての食物繊維がプレバイオティクとして分類されていません。
引用先: J. Nutr., 125: 1401 (1995), J. Nutr., 137: 8305 (2007)

 食物繊維

水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない難水溶性食物繊維とに分類され、生体機能への影響においては、水溶性食物繊維が重要な働きをします。
水溶性食物繊維には, イヌリン, ポリデキストロース, 難消化性デキストリン, グルコマンナン, コンドロイチン, ペクチン, ポリアルギン酸, アガロースなどが含まれますが, プレバイオティクとして分類される食物繊維はイヌリンのみです。

 イヌリン

イヌリンは, プレバイオティクとして, また食物繊維として, 2つの機能を有する唯一の水溶性食物繊維です。
食物繊維は, みな同じではございません。お客様ご愛用の食物繊維はイヌリンですか?
医学・生命科学の進展により, 食物繊維も選ぶ時代がきました。


プレバイオティック効果